昭和50年代、「もんしち」は茅葺屋根の民家でした。今、その古民家の温かみを活かしつつみなさまをお迎えいたします。もんしちが誕生し愛されてきた地元 千葉県産の新鮮な食材を活かしたお料理とともに、きき酒師が厳選するこだわりの地酒をかたむけながら築250年の隠れ屋家庭的空間で、ゆったりと癒しの時間をお過ごしください。

(店長 安本勝樹 こと やっさん)

もんしちのお魚は毎日外房大原漁港から直送されます。鮮度抜群で一番旬なお魚が楽しめます。特に「刺身の盛り合わせ」はもんしち一番の名物であり人気者!ボリュームはもちろん、お魚の種類にもアッと驚くこと間違いなし!1時間ごとに提供する温かい「出来立てくみ上げ豆富」も大人気。胡麻油で職人が揚げる天ぷらも和食屋ならでは。。。四季を大切にし、その時の旬なものを楽しんでいただけます。

メニューページへ

和食と言えば和酒です。日本酒と焼酎のきき酒師である店長が日本全国の蔵元を回り蔵人の思いを聞き厳選致しました。季節のお酒や希少酒なども随時入荷しております。特に千葉県の日本酒の品揃えには力を入れております。千葉の食材と千葉の酒のコラボレーションをお楽しみください。

メニューページへ

もんしちは、お料理だけでなく、ゆっくりくつろげる場所にもこだわっています。一歩入ればそこはモダンな雰囲気でいっぱいです。築250年の旧家屋を改築したくさんの個室、70名様まで入れる宴会場などがあります。今日のお仲間、ご用途に合わせてお席がお選びになれます。

店内の様子ページへ